探偵に調査をお願いして抱える悩みを解決しよう

MENU

  • 浮気調査

    探偵事務所への依頼の中で最も多いとされているのが浮気調査になります。離婚の原因ともなる浮気の調査は年々依頼件数も増えてきているとされています。具体的にどのような方法で調査するのか紹介します。

  • 素行調査

    言動が怪しいと思った人に対して調査を探偵にお願いするときには素行調査というものが行なわれます。身内にまつわる素行調査だけではなく、企業が社員に対して依頼する場合もあります。

  • 人探しの内容

    探偵の調査の中でも時間がかかるとされているのが人探しですが、手がかりが多ければ多いほど調査はスムーズに行きます。全国的に展開している探偵事務所だとネットワークを活用してスピーディに調査を進めることが可能です。

  • 探偵事務所を選ぶ

    探偵事務所を選ぶときにはいくつかのポイントを抑えて選ぶことが大切です。探偵事務所によっては得意とする分野があるので、それらを踏まえたうえで相談しに行くことが肝心です。料金プランもしっかりと調べて依頼するのが良いでしょう。

調査のプロ

調査内容で違う

誰かの調査を依頼をお願いする時にはほとんどの人が探偵に調査を依頼しますが、その内容によって探偵の調査方法も異なります。
探偵にお願いするときには、全任せするのではなく、ある程度自分の中で知りたい情報とその目的や理由を明確にしておく必要があります。
漠然とした状態で依頼しても、探偵もどのような内容を具体的に調査したら良いのか分からないということになってしまいます。
特に浮気調査や人探しの場合であれば、その人のある程度の情報を探偵に伝える必要があります。
それを踏まえたうえで探偵事務所を探してみるのが良いでしょう。
今では探偵事務所もホームページを作っているので、事前に調査内容や金額などを調べることが可能です。

興信所とは違う

探偵と同様に調査を行う仕事に興信所と呼ばれるものがありますが、探偵とは基本的にサービス内容が異なってきます。
興信所の場合であれば、基本的に雇用調査や市場調査などの調査をメインに行うことがほとんどです。
探偵の場合は、浮気調査や素行調査、人探しなど、個人について調査することがほとんどです。
興信所の場合であれば、基本的にはその調査対象となる機関や個人に直接連絡をとって調べます。
それに対して探偵の場合は、調査対象となる人の尾行や張り込みなどをおこなって調査するので、対象となる人は自分が調査されていることに気づきません。
このように、興信所と探偵では提供するサービス自体が異なるので理解しておく必要があります。